カップヌードルカレー雪見だいふくは本当にウマいの?

カップヌードルカレー、雪見だいふく、それぞれ単体では王様的な鉄板な商品ですが・・それを合わせてしまおうなんて、なんて発想力なんだって思います。

そんな自分では思いも付かない組み合わせですが、なんで気付いたかと言うとインスタを見ていたら目に入ってきたので、思わずなんだこれはって!

そんなわけで、味はどうなんだろうと思い、ネットを調べてみたらなんと、

カップヌードルカレー → 日清食品
雪見だいふく  → ロッテ

のブランド担当者さんが、実際に試食していた!!
その前に、インスタをみていて思ったのですが、カップヌードルカレーやその他の日清のカップヌードルって色々なアレンジがあるんですね、最近人気のパクチーなどもアレンジされてました。

こんな話をしたのも、実はカップヌードルの商品開発って消費者の意見を取り入れているのも少なくはないようです。一例としてシーフードヌードルをホットミルクで作ると旨さが倍増するとあれば、カップヌードル北海道ミルクシーフー道ヌードルを発売したりと

雪見だいふくの方も、インスタで色々なアレンジがありました。

パンに挟んだり、パンケーキの横に添えたり、生チョコレートが入った雪見だいふくは、すでに限定ですが発売されているのですね!
面白いところでは、雪見だいふくの容器がハムスターの住処になっていたりとカワイイものも!

ちょっと前にランチパックの新商品開発をテレビでやっていたけど、雪見だいふくをいれても絶品かもですね!

それでいよいよ、カレーヌードル+雪見だいふくの実食の結果ですが・・

やはり、最初の一口は、日清、ロッテのどちらの担当者さんも躊躇っていましたが、食べてみたら「おいしいっ!」
(参考サイト:女子SPA https://joshi-spa.jp/919094)

へぇー美味しいんですね!でもにわかに信じされない感じが・・

なので自分でも試してみようと思います、ちょっと勇気がいります、いやかなり・・

でも勇気って言えば味もそうですが、もしカップヌードルカレーと雪見だいふくの組み合わせが良かったとして、それが習慣化してしまうと、気になるのは体への負担度ですよね。
美容を気にする女性の方には特に気になりますよね

カップヌードルカレー、雪見ダイフク、どちらも体には良からぬような、カロリーはかなり高そう・・
しかも調べてみると、週刊新潮の「食べてはいけない」でも日清のカップヌードルも実名で公表されています。
同じ週刊新潮の特集でお菓子も調べてみて、雪見だいふくは無かったものの、市販されているアイス自体はあまり体に良いとはいえるものではありませんでした。

体に悪いと思っていても、美味しければ止められないのが人間の性ですよね、わっかちゃいるけどやめられない。
でも美容や身体には気になってしまう。

それじゃあ、両方を何とかカバーできないものかと調べて見つけたのがこれ!

国産黒番茶
脂っこい食事のお供に。国産黒番茶

なんでも烏龍茶を超える、重合カテキンが配合されており、それなのに烏龍茶よりもフルーティーで飲みやすいとのことです。たまには油っこいものが食べたい、ご褒美スイーツは我慢したくないでも美容と健康には気にしたい方にはお薦めのお茶です。

中華料理を食べる時に、油を流すためにお茶を飲みながら食べますよね、その時に飲むお茶の倍の効果があれば心強いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。